私、ドライクリーニング特有のニオイが苦手です。
石油臭というか動物臭というか。。。
お店によっては、せっかく洗濯してもらったのに余計汚れたんじゃないかと思ってしまうことも。

今回ホームページの制作依頼を受けたのは、あの嫌なニオイがしないクリーニング店の、ドレッセさんでした。


dresse

ホームページを作るにあたり、代表の岡田宏さんはお仕事の中身を見つめ直す作業から取り掛かりました。
結果、薄利多売の大手と競うことをやめ、おしゃれが好きなお客さんをファン層として特定し、大切にすることを決断されます。
受注数は少なくなったとしても、大事に着られている上質なお洋服をひとつひとつ丁寧に仕上げる道を選ばれるということです。

ドライクリーニングであの嫌なニオイがしないのは、使っている溶剤が一般に出回っている石油系溶剤じゃないからなのです。この溶剤を使う機械は全国で40台、道北地域には2台しかないということでした。
ドレッセさんには他にも、同業他社との明確な違いがいくつもありました。
例えば、飾りボタンはひとつずつ光沢を出すために磨いたり、柔軟剤を独自ブレンドしていたり、ヒト型のハンガーで立体的に乾燥させたり。

これらの魅力的な個性が、しっかりとおしゃれが好きな女性に伝わるように、デザインやキャッチコピーなど工夫しました。
明文化していなかったこれまでがもったいなかったですね。
しっかりとブランディングされたホームページができたことで、思い描いている理想的なお仕事に発展されていくと思います。


見てくださいな。
ちょっと、普通のクリーニング店とは違うウェブサイトができあがりましたよ!
▼おしゃれな女性に選ばれているケアクリーニング ドレッセ
https://dresse.cleaning/
羽がふわふわ動くところも見てほしいです♪

制作メンバーは、永木亜弥、岡田麻衣、谷口孝之、高塚マキコ でした。